げんろぐ

原始ケンヂのブログ

Windows用無線タッチパッド BRYDGE W-Touch が惜しい

f:id:genshikenji:20210904153307j:plain

 

MacにはMagic Trackpad っという素晴らしいトラックパッド(タッチパッド)製品がありますが、それのWindows版的な存在の W-Touch を購入し使ってみました。

 

全体的にかなりいい使用感なのですが、個人的に致命的な欠点があり、全てを台無しにされています。以下が使ってみて分かったいい点、悪い点です。

 

いい点

・さらさら質感で触っていて気持ちいい

・タッチの反応がいい

・押し込まずにタッチ操作だけでクリック操作が可能

・複数指を用いたタッチに対応

・電池がかなり持つ

・充電端子が Type-C

 

悪い点

・すぐにスリープになるうえに、スリープからの復帰と再接続に時間がかかる

・マルチペアリング非対応

 

いい点にかいた通り、タッチパッドとしての使用感はかなり良いです。Thinkpad X1 Carbon Gen 6 のパッドと同じぐらい快適です。ただ、悪い点で挙げた復帰に時間がかかるというのが個人的にかなり致命的。というのも、私はThinkpad Trackpoint Keyboard Ⅱ というマウス操作もできる無線キーボード と組み合わせて使うので、タッチパッドはたまにしか触らない使い方ゆえに、いざ触ろうとしたときにスリープになっているシーンが多く、操作できるようになるのに待ちが発生します。これが5~10秒ぐらいなのですが、Thinkpad Trackpoint Keyboard Ⅱでは、1~2秒ほどで復帰しつながるのに対してかなり遅い印象で苛立ちます。もしかしたら私の買ったW-Touch が外れなのかもしれませんが、この点が残念です。電池持ちを犠牲にしても良いので、スリープに入るまでの時間設定を変更できればそれだけこの製品は見違えるようになると思うのですが、残念ながらそのような設定ができる項目はWindowsの設定には見当たりませんでした。なお、どれぐらいの時間でスリープになるのかは正確に確認はしていませんが、10分触らなかっただけではスリープにならずにすぐ反応しました。

タッチパッドを触る間隔が短い人であれば、かなりおすすめのタッチパッドであることは変わりないですが、そうでない人はこの仕様を理解したうえで購入したほうがよさそうです。